欲しいと思ったら買っておきたいもの

タロットカード、興味ありますか。占いですね、トランプでも占いはできるのだと思いますがトランプは玩具とか遊戯するものと言えばよいのでしょうか。対してタロットは遊ぶものではありません、80枚近くありサイズもでかいのでシャッフルすることも簡単ではありません。

僕がこのカードに興味を持ったきっかけは何といっても007ですね、「死ぬのは奴らだ」主演はロジャー・ムーアさんでした。この作品を観たのはたしか学生時代、高校か大学時代なのか忘れましたがテレビで観たことはたしかです。あの頃は毎日9時になれば映画の時間でした、

荻昌弘さんの月曜ロードショーとか水野さん、淀川さん、小森のオバチャマ、など懐かしい限りです。深夜になっても11時からは映画でした。この深夜映画についてはたまに「青い体験」などといった空想を誘うタイトルをテレビ欄で発見するとワクワクしながら見たものでした。

さて、「死ぬのは奴らだ」に話を戻しますとこの作品ではタロットカードが要所で物語を暗示するかのようにとても効果的に使われていました。とてもシンプルで斬新な、そして美しいカードはスイス製のカードです。

ぼくはそれから20年後、オッサンになってもこのカードの神秘的な美しさが忘れられず横浜の本屋さんで購入したのでした。しかしタロットカードの占いや各カードの持つ意味などぼくにはわかりません。

ただ好きなのです、歴史的、宗教的、オカルト的、神秘的どれも当てはまるようでありそうでもないようです。こういった好みについては年をとってもこびりついたままのようであるようです。

今はネットを利用すれば簡単に探し出すこともできるわけです。とれも久しぶりにタロットで検索してみると面白そうカードを発見しました。カードの詳細だけではなくデザイナーさんまでしっかり紹介されているところにとても好感が持てました。サイトはこちらです。

たぶん購入すると思います、解説書付きなのでこの際タロット占いを覚えても悪くはないかな、などと思いました。欲しいと思った時に買っておかなかったために後になって後悔する、そんなモノってありますね。こういってものは出会いと同じなのかもしれません、運命的な何かを感じたりはしませんか。