アイディアについて

アイディアとは自分で考えひねり出すものではなく「盗むものである」そんな話を聞いたのですがこれがなかなか面白く興味深いものでした。ようするにいくら自分でオリジナルなものを生み出そうとしても、ろくなものが出来ません。むしろ自分にはそんな才能など持ってはいない、と思ったほうがどうやら賢明のようなのです。

ここでスマホの話となったのですが、カメラとケータイ、決して独創的なものではなかったこの二つが合わさることによって創造性が発揮できたのだと。こういったまったく異色の何かを融合させた考えに妙があるのだと。

この融合に関するアイテムがどれだけ頭の引き出しにストックされているのかがポイントである、ということです。当然ストックするにはインプットですね。そしてため込んだだけでは陳腐化してしまいます、いかにアウトプットをして中身を活性化させるのか、こういった発想の切り替えが「アイディア」を生むのだと。

なるほどわかりやすいですね、世の中には便利な仕組みが山ほど氾濫しています、こいつを利用しない手もありません。わからないことは聞けばいいのであって、うまくいきたければ成功者をまねてみるのも一つ、つまらないプライドなど不要です。

先日高額バイトが特集され「チャットレディ」で毎月100万円を在宅でコンスタントに稼いでおられる方のインタビューを拝見しました。単純に人気者の真似をすること、いいと思ったことは素直に取り入れる、稼ぐことが目的であるのでいかにお客さんにアピールするのかを真剣に考えておられるのだそうです。

ネット上のやり取りだからナマの接客法は通用するものと、まったく違うものがあるといっていました。やっぱり実績のある方の意見には説得力があるものです。たかがこんな仕事、とか時給4000円などに吊られて始めても、結局は長続きもせずだめなのだそうです。

この仕事はパソコンさえあればどこででも始めることが出来る、アルバイトの働き方も時代の変化に合わせ今後変わっていきそうな気がしました。チャットレディはネット上の風俗産業のようなものです、これにしても素晴らしいアイディアであり融合には変わりありません。

柔軟な発想を持てば、思わぬ成功が転がり込んでくるチャンスは十分ありですね。